ある整形外科医のつぶやき

外来の診察室で思うこと

COVID-19

ハイブリッド免疫

drhirochinn.work 2価ワクチンの効果がやや低いという研究を以前記事にしましたが、これに関連してハイブリッド免疫に関して少し書かせていただきます。 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の研究グループによって、「高齢者ではワクチン接種後のヘルパーT細胞…

2価ワクチンと今の変異株

新型コロナ感染症が猛威を振るっています。 筆者は昨年8月に(恐らくはBA,5)感染しています。いま国内では、オミクロン対応2価ワクチン接種が進められていますが、この効果と感染後の人の今後などについて、今わかっていることを、自分なりに整理しておきた…

雑感(1月8日)

https://covid19.mhlw.go.jp/ 2023年1月8日閲覧 ちょうど3年前の1月初めに日本で新型コロナ患者が発生しました。中国政府の情報隠蔽と日本政府の水際対策などの失政により、大量の中国人が訪日し一気に日本国内のコロナ感染者が増加しました。 この経過は昨…

頑張ります

今日は、2023年1月2日です。昨日は自宅に息子・娘の一家と孫が全員集まってくれました。楽しくて思わず写真を撮るのを忘れていました。合わせて筆者の誕生日祝いも兼ねて開いてくれて、非常に楽しい一日でした。 ウィズコロナに向けてとか、経済を回すとか言…

医療探知犬

皆さんおはようございます。今日は12月31日。今年も個人的にはいろいろなことがありました。健康上では、新型コロナに感染しました。時期的にBA5だったと思います。幸い軽症で経過して後遺症もなくきれいに治りました。 皆さんはどんな年でしたか? 筆者は来…

帯状疱疹とコロナワクチン

外来で患者さんを拝見していて最近思うのは、帯状疱疹がもしかしたら増えているのではないかということです。気にしているからなのかもしれませんが、帯状疱疹の発生とコロナワクチンやコロナ感染との関係を少し調べてみました。 JAMA Network2022 年11 月 1…

コロナウイルスとインフルエンザウイルスの同時感染

この冬、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザとの同時流行への備えが叫ばれています。 一方コロナウイルスとインフルエンザウイルスの同時感染はどうなんでしょうか? 筆者は、以前ウイルス干渉のために同時感染は起こりにくいのではないかと思ってい…

新規変異株

今朝久しぶりに近くの川の土手に散歩に行ってきました。今日もいい天気で早朝にもかかわらず、走ったり自転車に乗ったり、パブリックゴルフコースで打ちっぱなしやラウンドを楽しんでいる人たちがたくさんいました。 世の中は、コロナ疲れか要領がよくなった…

療養期間の短縮

皆さんおはようございます。 去る9月7日に、コロナ陽性者の療養期間が短縮されました。有症状陽性者については、入院患者さんの場合はこれまでと同じく10日間かつ症状軽快後72時間という基準ですが、入院以外の軽症者については7日間かつ症状軽快後24時間と…

COVID-19 罹患後症状

新型コロナウイルス感染症において、感染性が消失し主な症状は回復したにもかかわらず “ 後遺症 ” と呼ばれるような症状、あるいは新たな、または再び生じて持続する症状などに悩む患者が少なからずみられるようになりました。 これをWHOでは、Post COVID-19…

BA.5罹患

これは筆者の抗原検査の結果です。残念ながらCOVID-19に感染してしまいました。 そのせいで記事の更新ができませんでした。 ちょうどお盆休みの期間なのでか発熱外来の予約が取れず、やむおえず知り合いの先生に頼み込んで診ていただいて感染者登録をしても…

無症候性感染

今回は無症候性感染、無症状病原体保有者について考えてみたいと思います。 無症状病原体保有者① 咽頭にはウイルスは存在したが、その人の免疫により発病に至らない場合② 感染初期であるために、いまだ症状が出ていない状態③ 以前に症状があったが、現在は症…

武漢の華南海鮮卸売市場由来

新型コロナウイルス感染症の起源について、日常の感染症対策に追われて、我々はとかく忘れがちになりますが、中国の武漢市から発生したことを否定する人は、現在はまずいないことでしょう。 過去に筆者はいくつかの記事を書かせて頂いておりますが、コロナ起…

コロナと医療費抑制政策

筆者は前の記事で「私立病院は長らく続く医療費抑制政策の結果、十分なコロナ対応ができない」旨書かせていただきました。 これに関しては、COVID-19診療に直接的に大きな影響があり、我々医療者だけの問題ではありませんので、今回のテーマにさせていただき…

コロナ感染と熱中症

連日30度を上回る暑い日が続いているうえに、コロナ感染者数も急増しています。ここでいつも心配になるのは、熱中症かコロナ感染か非常にわかりにくいということです。 この度、日本救急医学会が『新型コロナウイルス感染症流行下における熱中症対応の手引き…

コロナ禍 2年半を振り返って

中国の武漢市を発生源とする新型コロナウイルス感染症が世界や日本を襲って、早二年半が経ちました。しかし中国政府の情報隠蔽や解明妨害などがありいまだに起源と責任の所在が明らかになっていません。 drhirochinn.work drhirochinn.work drhirochinn.work…

血清疫学調査

感染性病原体に対する抗体を持っている集団の個人の割合は、血清有病率と呼ばれます。血清有病率調査の結果は、特定の集団の何人が以前にSARS-CoV-2に感染した可能性があるかを理解するのに役立ちます。 SARS-COV-2ウイルスに対する抗体保有率は、その国その…

香港の予防接種の失敗

中国のウイグル・香港などでの人権問題やロシアのウクライナ侵略などで、国際社会は嫌というほど独裁政治体制下での数多くの生命の軽視に直面しています。 医学雑誌に掲載された記事からその一端を見てみましょう。 香港の予防接種の失敗がどのようにして世…

免疫飽和効果と抗原原罪

コロナワクチンの4回目接種が厚労省より発表されています。 【https://www.mhlw.go.jp/content/000936229.pdf 2022年5月14日閲覧】 4回目接種に関しては、厚労省の発表のような対象で適切と思いますが、免疫学的に言うと以下のようにも考えられるということ…

ノババックス製ワクチンと情報

厚生労働省は4月19日、ノババックス製の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンについて製造販売を承認しました(国内の申請者は武田薬品工業)。一般名は組換えコロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン、販売名はヌバキソビッド筋注。国内で承認を得た…

療養解除

筆者の周辺でも新型コロナウイルス感染症にり患したり、濃厚接触者になったりする場合が少しずつ出ており、療養解除について1回まとめておきたいと思います。 1)感染者の場合 https://www.mhlw.go.jp/content/000814817.pdf 2022年4月10日閲覧 2)濃厚接…

4回目接種2

drhirochinn.work この以前書の記事の中で、「医療従事者の感染に対するワクチン有効性が低く、ウイルス量が比較的多いことから、感染者が感染性であることがわかりました。したがって、健康な若い医療従事者への4回目のワクチン接種は、わずかな利益しか得…

超過死亡率2

drhirochinn.work 以前、超過死亡率の記事を書かせていただきましたが、最近またそれに関する論文が出ましたのでご紹介します。 The Lancet Journal記事| オンラインファーストCOVID-19パンデミックによる過剰死亡率の推定:COVID-19関連の死亡率の体系的分…

COVID援助詐欺

米国の医療情報サイト WebMDHealth NewsによりますとCOVID-19給付金詐欺が80億ドルを超えているとのことです。 ニュース> WebMDHealth News司法省によると、80億ドルを超えるCOVID援助詐欺が発見された2022年3月14日 https://www.medscape.com/viewarticle/9…

BA.2

日本において今後オミクロン株の亜種BA.2が増加してくる可能性があります。 日本の研究者は、動物実験でのBA.2の研究結果を発表しました。 bioRxivSARS-CoV-2BA.2バリアントのウイルス学的特徴doi: https://doi.org/10.1101/2022.02.14.480335https://www.bi…

3回目のmRNAワクチンの有効性

drhirochinn.work 座位時間が最長の日本ですので、最近はアウトドアの時間を増やすように気をつけています。 というわけで朝記事を書いた後、近くの河川敷に散歩に出かけました。 今日は、すごく暖かい日でしかも風がほとんどないので余計に暖かく感じました…

最近の西欧の死亡者数の推移

最近の西欧と日本のワクチン接種状況をお示しします。 最近の西欧の感染者数と死亡者数の推移をお示しします。 上記は、フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの感染者数と死亡者数の推移です。 死亡者数は、決して増…

より高いレベルの信頼(政府および対人関係)は、感染が少ない

また一つ面白い論文が発表されました。ご紹介します。 The Lancet Journal記事| オンラインファーストパンデミック対策とCOVID-19:感染率と致死率の探索的分析、および2020年1月1日から2021年9月30日までの177か国における対策に関連する状況要因オープンア…

わずか10秒で新型コロナの感染力が低下する

「わずか10秒で新型コロナの感染力が低下する」大学教授が予防効果アリと期待する"ある飲み物"1/28(金) 15:16配信 PRESIDENT Online 新型コロナウイルスの感染予防にはどんな対策が有効なのか。大阪府立大学の山崎伸二教授は「紅茶には感染予防効果があると…

抗原定性検査キット

オミクロン株の感染拡大に伴いその検査キットである抗原定性検査キットの品不足が深刻のようです。 ここで一回、抗原定性検査及びそのキットに関してまとめておきたいと思います。 ワクチン・検査パッケージ制度における抗原定性検査の実施要綱 令和3年 1 1…