ある整形外科医のつぶやき

外来の診察室で思うこと

COVID-19

高齢者のワクチン接種 2

CDC COVID-19の発生を経験している2つの熟練した看護施設の居住者におけるファイザー-BioNTechCOVID-19ワクチンの有効性—コネチカット州、2020年12月〜2021年2月毎週/ 2021年3月19日/ 70(11); 396–4012021年3月15日、このレポートはMMWR早期リリースとして…

高齢者のアナフィラキシーの管理

現在日本では、医療従事者のワクチン接種と並行して、高齢者への接種が一部で始まりました。 実際の高齢者への接種後のデータもそのうち発表されると思いますが、実際にワクチンを接種する者として高齢者の接種後の副反応、特にアナフィラキシーについての論…

変異株に対するin vitroでの知見

CELL SARS-CoV-2 variants B.1.351 and P.1 escape from neutralizing antibodiesMarkus Hoffmann 11、Prerna Arora 11、Rüdiger Groß 11、Alexander Kleger、Jan Münch、Stefan Pöhlmann 12、Show all authors、Show footnotesPublished:March 20, 2021DOI:…

変異株の分類と二重変異株

文献やニュースを見る時、コロナウイルスの変異株にアルファベットと数字がつけられて分類されているのを目にします。 恐らくこれからは、変異株を中心に新型コロナ感染症の話は進んでいくと思いますので、変異株の勉強を兼ねてこの記事を書かせていただきま…

地域のワクチン接種

筆者の仕事場がある地域にもやっと高齢者へのコロナワクチン接種が始まるようで、医師会と市より連名で、接種担当医や事務員・看護師に対する説明会への案内がファックスで届きました。 我々医者も未定であるのに、総理が高齢者接種の開始日を発表したため医…

新型コロナワクチン 接種その後

筆者は、ワクチン接種時の安全性の追求のためと医学的好奇心にて、今まで新型コロナワクチン接種時のアナフィラキシーについて、記事を書かせていただいております。 これに関して国もマスコミも、ワクチン接種率の低下を危惧して、あまり触れないようにして…

年齢65歳以上の再感染防御率

The Lancet Journal ARTICLES| VOLUME 397, ISSUE 10280, P1204-1212, MARCH 27, 2021Assessment of protection against reinfection with SARS-CoV-2 among 4 million PCR-tested individuals in Denmark in 2020: a population-level observational study …

ファイザー社製ワクチンの優秀性

1) mRNAワクチン、2回目接種から1週間で新規感染率0.05%/NEJM SARS-CoV-2 Infection after Vaccination in Health Care Workers in California March 23, 2021DOI: 10.1056/NEJMc2101927 カリフォルニアの医療従事者におけるワクチン接種後のSARS-CoV-2感…

妊娠とCOVID-19、ワクチン

つきましては、COVID-19 と妊娠に関して、さらにはワクチンとの関係で現在分かっていることを、少し調べさせていただきました。 まず下記の論文をご覧ください。 February 24, 2021Pregnant People’s Paradox—Excluded From Vaccine Trials Despite Having a…

イスラエルでのワクチン接種

BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine in a Nationwide Mass Vaccination SettingList of authors.Noa Dagan, M.D., Noam Barda, M.D., Eldad Kepten, Ph.D., Oren Miron, M.A., Shay Perchik, M.A., Mark A. Katz, M.D., Miguel A. Hernán, M.D., Marc Lipsitch,…

サージカルマスク

CDCFacebook Twitter LinkedIn SyndicateMaximizing Fit for Cloth and Medical Procedure Masks to Improve Performance and Reduce SARS-CoV-2 Transmission and Exposure, 2021 布および医療処置マスクの適合性を最大化して、パフォーマンスを改善し、SAR…

ワクチン接種が進むアメリカ

2021年2月 12日 米国でmRNACOVID-19ワクチンを接種した後のアナフィラキシーの報告— 2020年12月14日〜2021年1月18日 トム・T・シマブクロ、MD、MPH、MBA1; マシューコール、MPH2; John R. Su、MD、PhD、MPH1 JAMAでのオンライン公開です。 米国食品医薬品局…

ポビドンヨードうがい薬の件は?

昨年8月4日、大阪府の吉村洋文知事は「ポビドンヨードのうがい薬が新型コロナウイルスに効果がある」とする研究結果を、突然発表しました。この時全国のドラッグストアからうがい薬が消えたそうです。このエピソードは、今でもよく覚えていますが、その後あ…

抗体

drhirochinn.work 今回は、細菌やウイルスなどの病原体から我々の体を守る働きである免疫機能の一つである抗体の話です。先の記事「免疫のしくみ」でも出てきましたが、様々な抗原と特異的に結合できる免疫グロブリン分子であり、我々の血液や体液に多量に存…

COVID-19症状のない人からのSARS-CoV-2感染

JAMA Network Open誌2021年1月7日号に掲載された論文です。 マイケル・A・ヨハンソン博士1,2; タリア・M・クアンデラシー、博士号、MPH1; サラ・カダ博士1; et al JAMAネットワークオープン。2021; 4(1):e2035057。doi:10.1001 / jamanetworkopen.2020.3…

Moderna COVID-19ワクチンの初回投与を受けた後のアナフィラキシーを含むアレルギー反応

BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine Pfizer/BioNTech 社製のmRNAワクチン mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine Moderna社/NIAID製のmRNAワクチン Oxford–AstraZeneca COVID-19 vaccine AstraZenecaー Oxford(英)ウイルスベクターワクチン 以上が今後日本で使われる…

反ワクチン報道

医療が医療従事者と患者の共同作業として定着し、それが社会的に認知されるためには、医療に関連する様々な知識や医療の現状が常識として広く社会に共有されることが重要です。そのために、医師は医学や病気に関する専門的知識のみならず、現在の医療制度や…

SARS-CoV-2 ワクチンの安全性  2

drhirochinn.work jamanetwork.com 1月16日の記事にて、Pfizer/BioNTech 社製のmRNAワクチンとModerna社/NIAID製のmRNAワクチンの臨床試験の結果をお伝えしましたが、その後実際に接種が始まり上記の論文の時点で約190万人に接種した後のデータが出ました。…

もう一つのワクチン AZD1222

AZD1222は、オックスフォード大学とそのスピンアウト企業Vaccitechによって共同で発明され、英国アストラゼネカ社が販売のワクチンです。このワクチンは、複製できないように処理をした弱毒化されたチンパンジー由来の風邪のアデノウイルスに、SARS-CoV-2ウ…

アナフィラキシー

drhirochinn.work 今回の記事で皆さんが混乱されると全く本意ではありませんので、あらかじめお断りしておきますが、これから始まるワクチンによって集団免疫が得られればコロナ感染症は終息します。よって私は強くお勧めいたしますが、特にアレルギーをお持…

免疫のしくみ

自然免疫と獲得免疫 【出典元】 www.tyojyu.or.jp 最近、新型コロナウイルスのワクチンの話題が増えるのに伴い「免疫」、「抗体」、「サイトカイン」などの単語が報道にのる機会が増えてきました。膨大な数の研究者と彼らが費やした時間の成果として「免疫系…

SARS-CoV-2 ワクチンの安全性

最近 the NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE で同時期に発表された三つの論文を見ることができましたので、自分の勉強もかねて内容、特に副作用に注目してお伝えしたいと思います。 まず一つ目は、 1)Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Va…

自宅療養

最近は、ますますコロナ感染者が増えており、まさに感染爆発の様相を呈しております。いつ自分が感染するかわからない状況です。もしか(万が一ではなく) 感染した時に慌てないようにするために今から準備をしておきましょう。 入院や宿泊療養はいっぱいで…

新型コロナウイルス感染症の後遺症

【JAMA 2020;324:603-605 より引用】 イタリアからの報告(上記のグラフ)では、コロナウイルス感染症の症状出現後約60日の段階で、少なくとも一つ以上の症状が残存している患者は、87.4%にのぼり、症状としては、倦怠感が53.1%、呼吸困難感が43.4%、関節…

パルスオキシメーター

今回は、アフィリエイトの一環として物販をしようとしているわけでは、ありません。 最近マスコミにも時々登場しているので、皆さんもご存じかもしれませんが、パルスオキシメーターという医療機器があります。指先に装着して動脈血の酸素飽和度が簡便に計測…

疑問だらけの S A R S -C o V - 2 の起源

2019年12月8日に武漢市内で原因不明の肺炎が発生し、その後27人の患者が発生したと、中国が W H O を通して発表したのは、ちょうど一年前の12月31日でした。 なぜかその後中国政府は、発生源の第三者調査を求めたオーストラリアに猛反発し、同国産牛肉や大麦…

スウェーデンのその後ー日本の参考にー

今日もまた日記風に書かせてもらおうと思っていましたが、どうもテレビを見てもPCや携帯でニュースを見ても、やっているのはコロナの報道ばっかり。しかも何も政策・対策を打ち出せない政府や自治体のTOPの無能ぶり、その裏では困り果てている国民の姿が伝え…

療養解除はいつ?

年末も押し迫ってきましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。 私は相変わらずまったりとした時間を過ごしています。(コロナの最前線で働く方々からは、怒られそうですが) 以前の記事で、コロナに関していくつかの疑問がありますと書きましたが、実はもう…

ワクチンの有効率95%!?

今日報道によると、アメリカで新型コロナウイルスに対するワクチンの接種がこれまでに100万回に達したとのことです。現時点で接種の対象者となっているのは、医療従事者と高齢者施設の入居者などで、全米で1700万人以上にのぼるとのことです。 しかも、ファ…

C O V I D -19での医療崩壊の理由は?

医療崩壊つまりコロナ患者さんだけでなく、通常の疾病の患者さんも受け入れができなくなるという意味ですが、これに関しては、影響は既に出ていました。 緊急で入院或いは手術が必要になるのは何もコロナ患者だけではありません。このまま悪化したらコロナ患…